どうも、痛風メタボです。お疲れ様です。

















いよいよ、緊急事態宣言が
出されることになりましたね。










緊急事態宣言が発令されることで、
自粛レベルではありますが、
大型施設や映画館など閉鎖されるなど、
更に行動範囲が狭まります。










個人的には、理髪店が閉鎖に
なることが意外でした。












先週、行っておいてよかったです。









このような閉塞な状況の中で誰にとっても重要な命題が、
「どうすれば人は“よく”生きられるか」ということ。











もちろん、感染されない,
拡大させないことが一番なのですが、
閉塞されたなかでよく生きられるかという
価値観は、各地の言語によって解釈の仕方は
数限りなく存在します。










それは、スペイン語の「ソブレメサ(sobremesa)」や
トリニダード・トバゴの「ライミング(liming)」という
人生哲学が表すように、こんな状況でも大切な人と
分かち合うことかもしれません。












あるいはフィンランドの「シス(sisu)」という
考え方が示すように、困難を乗り越える気概と
意思を持つことかもしれません。











つまり、解釈も考え方も多種多様。











そこで、こんな時だからこそ
追い求めたいそれぞれの文化に根ざした、
「幸せ」にまつわるユニークな
2つのことばをピックアップして
みたいと思います。




◎LAGOM:ラーゴム



スウェーデン語 [副詞]
1. まさにぴったり
誰しも、「欠乏がもたらす不幸せ」や
「過剰がもたらす不快感」が
どんなものかを知っています。
そのため、なにかが「まさにぴったり」な
ときに感じる“特別なうれしさ”が、
どんなものなのかを理解できるわけです。
スウェーデンの「ラーゴム」はそうした
“特にバランスのとれた至福”をひとことで表現し、
理性的で忍耐強い人の国を
象徴するものです。
この言葉は欲深い消費主義に代わる姿勢を
表すと言われ、ケーキの大きさから部屋の湿度、
さらには環境のサステナビリティに至るまで、
ありとあらゆるものに対して使われる。
このことから、いかなる経験にも
完璧な適量というものが存在し、
それを超えないように
すべきということがわかります。
そのため、「中庸は美徳」と
訳されることもあることも。
多くの人は、単に充足しているだけで
幸せだとは思わないもの。
「潤沢」を手に入れ、「たっぷり」で、
さらには「あり余る」状態を達成して
幸福の頂点にある人を「豊か」だと
見なしがちだということです。
ところが実際のところ、そうした過剰な
経験が人の心を満たすのは、それが
目新しい間だけにすぎません。
どれほど大きな幸運に恵まれたとしても、
やがては“普通”になってしまうわけです。
それは、「もっと、もっと」という欲望に
終わりがないことを示してもいます。
望みが叶ったと思っても、他に
欲しいものがまた必ず出てくるということ。
そう考えていくと、ラーゴムという
考え方がいかに大切なものであるかが
わかるのではないでしょうか。
少しラーゴムな選択をすることによって、
望ましい結果を手にすることができます。
とくに、今段階で消費者中心の
世界が抱える“果てしない欲望”に
応えることは不可能です。
今置かれている環境のなかで“ほどほどの満足”で
よしとすることが重要。
シンプルな材料で簡単な食事を
つくってもいいでしょうし、慌ただしさと
くつろぎとの間で貴重なワーク・ライフ・バランスを
実現してもいいでしょう。
いずれにしてもラーゴムは、
“過剰”よりも“適度”を選び、
“満ち足りた幸せ”を
尊ぶ暮らし方だということです。




◎AJURNAMAT:アヤーナマット



イヌイット語(イヌクティトゥット語) [感嘆詞]
1. 自分の力ではどうにもならない現実を穏やかに受け入れること
イヌクティトゥット語(カナダ北極圏の主要な
イヌイット語族のひとつ)に存在する「アヤーナマット」は、
自分ではどうしようもない状況(極めて「
厳しく困難な状況の場合も」に
ぶつかったときに発せられることば。
ほんの小さな災難から痛ましい悲劇まで、
「変えられないものは変えられない」と考えることによって、
それ以上の苦しみを生まないことを意図しているわけです。
苦境に直面したときにこうした落ち着きを
示すのは、容易にできることではありません。
しかし、だからこそ、それを手に
入れたいという思いが欧米世界で
高まっているのだそうです。
地球上で格別に厳しい気象条件を長く
生き抜いてきた民族がこのような言葉を
もっているのは当然だろう。
実際、アヤーナマットという言葉が指すのは、
自然と密接に結びついた生活を送る
土着文化にしばしばみられる特性だ。
それはすなわち、自然を支配しようとするのではなく、
自然界の寒暖や天候の変動を謙虚に敬意を
もって受け止めるという考え方である。
人間は、自分たちが万物をコントロール
できると考えるのをやめても、
繁栄を続けることはできるはず。
なぜならコントロールとは幻想であることが多く、
自分が万物の支配者だと思い込んでも、
結局は裏切られて終わるだけだから。
それは、生存するために力を尽くす先住民族から、
完璧な結婚式を挙げられると信じていたのに
雨に台なしにされた都会の花嫁に至るまで、
人間の多様な経験にあてはまります。



◎まとめ



今回ご紹介した「バランスと落ち着き」以外にも、
「家と場」「コミュニティと人間関係」「人格と心」
「喜びとスピリチュアリティ」というテーマに
基づいて紹介しました。
他文化の価値観を知って視野を広げるために、
考えてみてはいかがでしょうか?



★ブログサークルからご覧の方に



ブログサークルからご覧の方には、
仕様でブログサークルでいいねや
コメントができないことがあります。
★回復するまで2、3日かかります★
コメントできないその間も、トークルーム
他コメントを入れてくださった
方々やそれ以外の方々にも
ブログ閲覧して「いいね」とポチは
入れさせていただいています。

コメントできないところについて
誠に申し訳ございませんが
以上の点にご留意の上、当ブログを
閲覧していただければと思います。



有料級特典付き無料メルマガ、快調に読者増加中】

有料級特典付き無料メルマガ、好評配信中!!

有料級特典付き無料メルマガ登録はコチラ
⇒http://bit.ly/2FkDwaB

ご登録していただいた方々にはお礼として、有料級
ご優待無料特典レポート2部をプレゼントいたします。

この特典レポートでは当ブログでは触れていない
アフィリエイト初心者がなかなかできない
ネット事業にかかせない集客や
当ブログでは語っていないわずか

2週間で16万稼いだノウハウを
ぎゅっとまとめた、まさに有料級特製の
レポートを
無料でお渡しします。


この2部の有料級レポートで
0→1体験念願の初成果が大きく近づくこと

間違いありません。


ブログ読者よりも濃い情報を入手することができ、
一歩も二歩も先に進むことができます。



おかげで読者数も快調に増加中です





この機会に、メルマガの読者登録、
心からお待ち申し上げます。

メルマガ登録はコチラ⇒http://bit.ly/2FkDwaB


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんのポチポチ、
お待ち申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


初心者・お小遣い稼ぎランキング