どうも、痛風メタボです。お疲れ様です。









ブロークンウインドウ理論をご存知ですか。









日本では「割れ窓理論」という
環境犯罪学上の理論として
知っている方も多いかと思います。










地域や学校での犯罪減少や
非行防止などで活用されている理論ですが、
実はビジネスの場面でも多くの
グローバル企業が作業環境の
改善のために活用している理論でもあるのです。









そこで「ブロークンウインドウ理論」の
ビジネス活用についてご紹介していきます。









◎ブロークンウィンドウ理論とは



「ブロークンウィンドウ理論」は、
アメリカ出身の犯罪学者
ジェームズ・ウィルソン氏と
ジョージ・ケリング氏が発案した理論で、
「建物の窓が割れている状況は、
犯罪に配慮していない場所という
意識を増長させ、犯罪発生率を増加させる」と
いうものです。
この理論に基づき、ニューヨークの
地下鉄公団が、大規模な地下鉄の
落書き清掃を行った結果、
地下鉄内での犯罪が大幅に
減少したという例もあります。
周りの環境が、人の思考や行動に
大きな影響を与えることを
示した実例といえるでしょう。





◎ビジネスでの活用法



そんなブロークンウィンドウ理論は、
たくさんの有名企業で活用されています。
例えば、ディズニーでは、パーク内の
小さな傷を見逃さず、徹底した修繕・清掃を
行っています。
これにより従業員はもちろんのこと、
パークに訪れるお客様の
マナー向上に成功しています。
また、アップルを創業した
あのスティーブ・ジョブズも
「ブロークンウィンドウ理論」を
活用してアップルの立て直しに成功しています。
業績不振に陥っていたアップルに
復帰したスティーブ・ジョブズが
まず行ったのは、「労働環境」の変革です。
遅刻厳禁などの勤怠管理、ペット禁止や
オフィス内の整理など、働く環境を
キレイに変えることで意識改革を促し、
アップルの業績回復を実現していったのです。





◎ブロークンウインドウの実践法



先述の実例のように、「窓が割れた」
状態のような作業環境は、
業績低下・不正の温床に
なってしまう可能性が高くなります。
自分自身でも
「挨拶をしっかりする」
「時間を守る」
「嘘をつかない」
「机の上は綺麗に整理整頓する」など、
基本的な組織としての
ルールが曖昧になっていませんか。
「まぁいいだろう」という甘さは、
他にも伝わり、モラルに
まで及んでいきます。大切なのは、
基本的な作業環境を良好に保つ取組みや
ルールを明確に定めることです。
内容は、
「デスク周りやオフィス内を掃除する時間を決める」
「挨拶や礼儀作法を常に意識づける」
「報告・連絡・相談を徹底する」など
基礎的なことから実践していきましょう。
それが継続され、習慣化するようになれば、
業績にもいい影響を与えてくれるはずです。





◎まとめ



今回は環境を
良好に保つ「ブロークンウインドウ理論」に
ついてご紹介してきました。
作業環境を維持するという面において、
明確なルールを定めていないかと思います。
自分を信用して自由な行動を
許容することも大切ですが、
基本的なことに関して
規律の認識や規範を設けることも、
事業を運営するに当たっては大切なことです。
ぜひブロークンウインドウ理論を上手く活用して、
社員同士の相乗効果を生むような
いい作業環境を
つくっていってほしいと思います。



★ブログサークルからご覧の方に



ブログサークルからご覧の方には、
仕様でブログサークルでいいねやコメントができないことがあります。
回復するまで3,4日かかります。
コメントできないその間も、トークルーム
他コメントを入れてくださった方々やそれ以外の方々にも
ブログ閲覧して「いいね」とポチは入れさせていただいています。
コメントできないところについて誠に申し訳ございませんが
以上の点にご留意の上、当ブログを閲覧していただければと思います。



<有料級特典付き無料メルマガ、快調に読者増加中>>!!

有料級特典付き無料メルマガ、好評配信中!!

有料級特典付き無料メルマガ登録はコチラ⇒http://bit.ly/2FkDwaB

ご登録していただいた方々にはお礼として、有料級
ご優待無料特典レポート2部をプレゼントいたします。

この特典レポートでは当ブログでは触れていない
アフィリエイト初心者がなかなかできない
ネット事業にかかせない集客や当ブログでは語っていないわずか
2週間で16万稼いだノウハウをぎゅっとまとめた、
まさに有料級特製のレポートを
無料でお渡しします。


この2部の有料級レポートで0→1体験念願の初成果が大きく近づくこと
間違いありません。


ブログ読者よりも濃い情報を入手することができ、
一歩も二歩も先に進むことができます。



おかげで読者数も快調に増加中です





この機会に、メルマガの読者登録、心からお待ち申し上げます。
メルマガ登録はコチラ⇒http://bit.ly/2FkDwaB


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんのポチポチ、
お待ち申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


初心者・お小遣い稼ぎランキング